title

デュタスはザガーロとアボダートのジェネリックです

デュタスはザガーロとアボダートのジェネリック

デュタスは有効成分としてデュタステリドという成分を配合したAGA治療薬のジェネリックです。デュタステリドを有効成分として使用している製品には2つのものがあり、1つはザガーロ、もう1つはアボダートという名前の製品です。

デュタスはこの2つのAGA治療薬を基に開発されているジェネリックなのです。

本来ジェネリックというのは1つの医薬品を模倣する、もしくは1つの製品をベースに+αの形で別の成分を配合し、更に優れた効果を発揮するように改良をしている製品です。

しかしデュタスの基となったザガーロとアボダート、この2つの製品は配合されている成分などに微塵の違いもありません。

この2つの医薬品は一体どういった違いのある製品で、どうしてデュタスはこの2つの製品を模倣して製造しているのでしょうか。その理由などについて、簡単に説明をします。

ザガーロとアボダートの違い

まずザガーロとアボダートの違いという部分についてですが、まず答えから説明をすると、この2つの製品は同一の製品です。ザガーロとアボダートというのは、どちらもグラクソ・スミスクラインという製薬会社が製造しているAGA治療薬です。

しかし違いとして、製造を行っているのが海外のグラクソ・スミスクライン社か、それとも日本法人が製造しているのか、という違いがあります。

アボダートはイギリスのグラクソ・スミスクライン社が製造している製品であり、ザガーロというのは日本のグラクソ・スミスクライン株式会社という日本法人が製造する製品なのです。成分こそほぼ同じであれども、名称の違いといったものが存在しているのです。

有効成分デュタステリドとは

デュタスの基となったザガーロとアボダート、この2つの医薬品はどちらも有効成分としてデュタステリドが配合されています。

デュタステリドは非常に優れたAGAの治療・改善効果がある成分で、服用時には体内で生成されるAGAの原因となる男性ホルモンを生み出す酵素の活動を抑制します。AGAの原因を作る酵素の中にはデュタステリド以外のAGA治療薬でも活動抑制が可能な物も存在していますが、中にはデュタステリドでのみ活動を抑制できる物があります。

したがって、デュタステリドを有効成分として配合しているAGA治療薬を服用した際には、他の治療薬を服用した際には得られないような、より高いAGA改善効果を期待することができるでしょう。

ジェネリックとは

デュタスはザガーロやアボダートのジェネリックです。このジェネリックという言葉自体はテレビやラジオ、ネット上の広告など多くのメディア媒体で目にするものですが、厳密にどういったものなのかを知る人は多くありません。

ジェネリックというのは、新薬や先発薬として販売されている既存の医薬品で使用される成分を模倣し、製造されている医薬品です。

したがって、使用している成分などに関しては模倣基である新薬・先発薬と大差がなく、使用時に得られる効果に関しても誤差程度の微量な違いだけ、同等の効果が得られるようになっています。

そしてここでは、ジェネリックと基となった薬の「大きく異なる点」そして「どちらを使用するのが良いのか」というのを紹介します。ジェネリックか新薬や先発薬か、どちらがいいのか迷っている人は要チェックです。

先発薬との違い

最初にジェネリックの製品と先発薬の違いから説明をします。

ジェネリックと先発薬の違いの中でもわかりやすいものとしては、名称の違いがあります。

ジェネリックは基となった医薬品と同一名称で販売してはいけない、というルールが存在しているため、製品の名称が基になった製品とは大きく違っています。

そして次に大きな違いとして挙げられるのは価格です。

ジェネリックは既にあるものを模倣し作られている製品のため、製造の際に新薬を作る時ほどのコストが必要としません。

販売価格に関してもその分安く設定されており、製品によっては新薬の半額やそれ以下の価格で購入することが可能なのです。

継続するならジェネリックがオススメ

次にジェネリックと新薬のどちらを使用するのが良いのか、という点についてです。

新薬とジェネリックのどちらが良いのかというのは、人それぞれの考え方などによっても変化するため、一概にこちらが良いとはいうことができません。

しかしジェネリックは新薬と比べて価格が安く、それでいて使用時の効果が同等のものとなっています。AGA治療薬のように長期間継続し服用し続ける必要がある医薬品の場合、治療が長期化すればするほどにジェネリックを使用するかどうかで必要となる金額に差が生まれるようになります。

もしAGA治療を低価格、少ない負担で行いたいと考えているのであれば、デュタスなどジェネリックのAGA治療薬を使用するのがオススメであるといえるでしょう。

ジェネリックの種類は多い

ザガーロやアボダートを基にして製造されているジェネリックの医薬品はデュタス以外にも多数存在しています。製品ごとに製造する製薬会社、製品の特徴、そして価格などに違いがあります。

そのため、製品ごとに存在する違いを知っていくことによって、より自分にとって良い製品を使用できるようになるでしょう。

ここではザガーロやアボダートを基に作られたジェネリックを幾つか紹介していくので、何を使用するか迷っている人は参考にしてみてください。

デュタストロン

デュタストロンはインド製薬会社、スマートメディサイエンス社が製造するアボダートやザガーロのジェネリックです。販売価格は30錠で2,700円と非常に低価格になっています。

スマートメディサイエンス社が製造する製品の特徴として、商品パッケージが販売対象となる国の公用語となっているという点があります。つまり、日本向けに製造されているデュタストロンはパッケージが全て日本語表記となっています。

デュタボルブ

デュタボルブはフィリピンに拠点を構える製薬会社、ロイドラボラトリーズ社が製造と販売を行っているザガーロのジェネリックです。

デュタボルブは若干赤みがかった焦茶色、光の加減や色の認識の仕方によっては黒色に近い色と感じるような、独特な色合いをしたカプセル錠です。

販売価格は1箱30錠入のものが2,000円から3,000円ほどで販売されています。

デュタボルブも非常に高い効果があることから、多くの人に使用されている人気のデュタステリド錠です。

ベルトリド

ベルトリドはインドのアフマダーバードに本社を置く製薬会社、インタスファーマ社が製造するザガーロやアボダートのジェネリックです。

ベルトリドの特徴として、錠剤が表から見えないようにコーティングされた独自のシートに薬がセットされているという点があります。

これによって、光による成分の変質などを予防し、安全に保存ができるようになっています。販売価格は1箱100錠入りのものが5,000円ほどとなっています。

デュタプロスト

デュプロストはインドの大手製薬会社シプラが製造と販売を行うAGA治療薬です。

デュプロストを製造するシプラは世界的に見ても非常に有名な製薬会社であり、非常に高品質なジェネリックを製造している事で知られています。

そのためデュプロストはAGA治療薬の中でも安全性と信頼性が高い製品であるといえます。

販売価格は1箱100錠入の製品が5,500円前後で販売されています。

デュタステリドを使用したジェネリックの中では少々高めの価格設定がされていますが、安全性はその分高い製品であるといえます。

デュタプロス

デュタプロスはトルコのイスタンブールに本社を置く製薬会社、コカクファーマー社が製造と販売を行うアボダートのジェネリックです。

ジェネリックはインドの製薬会社で製造されている製品が多い傾向にありますが、デュタプロスはその中でもトルコで製造された少々珍しい製品になります。

販売価格は1箱30錠入のものが3,000円前後となっているため、比較的低価格に購入できる製品であるといえます。