title

デュタスの有効成分デュタステリドは最新AGA治療薬です

デュタスの有効成分について

デュタスは有効成分としてデュタステリドという成分を使用しています。

デュタステリドはAGAの治療効果がある成分の中でも特に優れた効果がある成分で、今までの治療薬では改善ができなかったAGAの症状に対しても優れた効果を発揮します。

ここではデュタステリドの持っている効果や特徴といった使用時に体感できるデュタステリドのメリットについて紹介します。

正しく知った上で使用し、より良いAGAの治療効果を体感してみましょう。

デュタステリドとは

デュタステリドは新薬であればザガーロやアボダート、ジェネリックであればデュタスをはじめとする多くの製品に有効成分として配合されている成分です。

デュタステリドはAGA治療薬に使用される成分の中では最も優れたAGA改善効果を持つ製品で、体内でAGAの原因となる酵素の「5αリダクターゼ」が活動するのを抑制する効果があります。

デュタステリドの持つ5αリダクターゼ活動阻害効果は非常に高く、同じくAGA治療薬に使用されるフィナステリドという成分と比べて3倍近い作用を持つと言われています。

最新のAGA治療薬

デュタステリドはAGA治療薬に用いる成分の中でも比較的新しい製品であり、2016年に販売や製造に関する認可が降りた成分です。

デュタステリドのもう1つの使用用途での認可に関しては、2009年に降りていましたが、AGA治療薬として正式に認められたのは2016年になってからです。

AGA治療薬に使用される成分の1つ、フィナステリドは2005年にAGA治療薬としての認可が降りた物質です。

フィナステリドの認可が降りた後、デュタステリドの認可が降りるまでの約11年間の間で、5αリダクターゼに対して作用するAGA治療薬の成分は製造されていませんでした。

そのことからもデュタステリドが非常に新しい物質であり、デュタステリドを配合した製品が最新のAGA治療薬であると言われている理由がわかると思います。

育毛や発毛効果も

デュタステリドの特徴として、発毛効果と育毛効果の2つを持っているという点があります。まずデュタステリドの基本的な作用というのは体内にある5αリダクターゼという酵素の活動阻害効果です。

5αリダクターゼの活動が阻害されると、体内でAGAを引き起こす男性ホルモンが生成されなくなり、AGAの進行が停止します。

その結果、AGAによる脱毛の発症を予防し、髪が正常に成長できるようになる、つまり育毛が可能となります。

そして同時に、AGAによって成長が止まっていた毛根が再び生え始める、発毛効果を期待することもできます。

このことから、デュタステリドは発毛と育毛の2つの効果によって、AGAの治療と改善が可能であると言われています。

日本でも最近承認

デュタステリドという成分は元々海外で製造されていた医薬品に使用される成分でした。

したがって、デュタステリドの認可自体は2001年の11月、アメリカFDAが承認しています。しかし日本ではどうかというと、2001年に認可された後遅れて8年後の2009年に正式に認可が降りました。

その際に降りた認可というのは、AGA治療薬ではなく別の症状を改善する際に服用する医薬品としてです。つまりこの段階ではまたデュタステリドはAGA治療に使用できませんでした。

そしてそこから更に6年後の2015年、ようやく日本でデュタステリドはAGAの治療薬として認可がおりました。v

このように、デュタステリドというのは非常に新しく、ごくごく最近になってからようやくAGA治療薬として認められるようになった医薬品なのです。

前立腺の治療薬としても

デュタステリドはAGA治療に非常に優れた効果を発揮する症状ですが、実はAGA以外にもデュタステリドの使用によって改善できる症状があります。その症状は前立腺肥大症です。

前立腺は男性の体内、睾丸の周辺に存在している組織ですが、この前立腺が何かしらの理由によって肥大化してしまう前立腺肥大症という症状があります。

デュタステリドはこの前立腺肥大症の治療薬として初めは開発されていた製品なのです。

現に日本でもデュタステリドは初め、前立腺肥大症の治療薬としての使用に認可がおりていました。デュタスにはAGAの治療や抑制といった効果だけではなく、前立腺肥大症の改善効果といった悩める男性の助けとなる効果もあるのです。

まとめ

デュタステリドはAGA治療に用いる薬効成分の中でも最も新しく、そして非常に高い育毛効果と発毛効果を持っている製品です。そして更に、元々は前立腺肥大症と呼ばれる症状の治療・改善薬として使用されていたため、デュタステリドを使用した際にはAGAの治療以外にも多くの効果が実感できる場合があります。

また、日本国内でも2015年にAGA治療薬として有効であるという認可を受けているため、安全性に関しても非常に高いと言えるでしょう。