title

AGA(男性型脱毛症)の原因についてご説明します

AGA(男性型脱毛症)の原因

AGAがどういった症状なのか、というのは別項にて紹介をしましたが、ここではAGAがどういった理由によって発症するのか、AGAは何を原因として発症するのか、というのをもう少し詳細に説明していきます。

自分の身体の中で起こっていることがどういった理由によって発生するのかを知るのは非常に重要なことですし、原因が分かれば治療の方法なども解明できます。

AGAになってきたかもしれない、そう感じる人は原因について知ってみましょう。

AGA(男性型脱毛症)になる原因とは?

まずAGAの原因ですが、原因自体は非常に多くのものが考えられます。

遺伝、生活習慣の悪化、ストレス、こういった要素によってAGAは発症しやすくなります。

そしてこれらの発症原因ですが、人によっては原因が重複することもあり、そういった時には症状の進行速度が早まっていきます。

遺伝的に薄毛になりやすい人が不規則な生活を送り、ストレス漬けの日々を送っていた場合、原因となる要素が1つだけのしか無い人と比較すると、驚異的な速度でAGAは進行していきます。そのため、AGAの発症を感じ始めた際には改善できるものから徐々に改善を行っていき、症状の進行を遅くしていくのが重要となります。

男性ホルモンとの関係

AGAの発症原因は多くありますが、その中でも最も大きな原因は「男性ホルモンの影響」です。男性ホルモンとAGAは非常に密接な関係にあり、体内で特定の男性ホルモンが多く分泌されるとAGAの症状が現れるようになります。その男性ホルモンというのが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。

DHTはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが体内で5αリダクターゼという酵素の働きによって変質し作られます。DHTは毛髪の根本にある毛根、そしてその周辺にある毛包や毛母細胞に対して作用し、毛髪の成長サイクルを変化させます。

その結果、髪が十分に成長しないままに抜け落ちるなどAGAの症状が現れるようになるのです。したがって、AGA治療の際にはDHTが生成されるのを抑制する、もしくはDHTで成長しなくなった髪が再び成長できるようにする、というのが重要となります。

ヘアサイクルについて

AGAを発症した際には、髪が生え始めてから抜けるまでの周期、ヘアサイクルが大幅に乱れます。ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期と呼ばれる3つの時期が存在しており、全体を通して数ヶ月から数年と非常に長い期間で1周するようになっています。

しかしAGAを発症した場合、この3つの時期の中でも成長期と呼ばれる髪が急激に成長を始める時期が大幅に短くなります。その結果、本来よりも髪が短い状態で抜け始めてしまう。髪が太くなる前に抜け始めてしまう、というようなAGAの症状が出始めるようになります。

ヘアサイクルを正常なものに戻すためには、AGA治療薬を使用する必要がありますが、その際に注意すべきこととして初期脱毛があります。

正常なヘアサイクルの髪が生えてくる過程で、乱れたヘアサイクルの髪が大量に抜け落ちます。

したがって、ヘアサイクルの乱れが正常なものに戻る過程で発生する脱毛が原因でAGA治療をやめてしまう人も多くいるのです。しかしこのタイミングでやめてしまうと、ただ単に髪が抜けただけで終わってしまうため、必ず継続した服用を行うようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)を発症したら?

AGAの発症を予防するためには生活習慣の改善やストレスを貯めこまない生活を送るといったことが重要となります。しかし毎日の生活に気を配っていたとしても、体内で分泌される男性ホルモンが原因となるAGAは知らず知らずのうちに発症してしまっている場合もあります。

そういった知らない間にAGAになっていたという時、そんな時にはどうすればよいのでしょうか。AGAを発症した後にどのような方法で治療を始めていけばよいのか、という対処法に就いてを紹介します。

専門の病院がある

まず初めに、AGAを発症した際に一度受診すべき場所についての紹介です。

その場所というのは、AGAクリニックや薄毛外来など、脱毛症の診察と治療を行っている專門の病院です。

実は薄毛症の治療や診察といったものを専門に行なっている医療機関が日本各地に存在しており、そういった場所を受診することによって、症状の進行度合いや改善方法の指導、そして実際に治療を始めることができます。

難点として、AGAクリニックなど專門の医療機関というのは保険が適応されない自由診療の場合がほとんどのため、治療の際には非常に高額な治療費が必要となります。

したがって、負担を少なく治療を行いたいという時にはクリニックの使用ではなく、別の方法での治療がオススメできます。

治療薬を通販で買える

專門の医療機関を受診した治療以外の方法でAGAを改善する場合、通販による治療を行うのが良いでしょう。通販での治療というのは、ネット上に存在する通販サイトを利用し治療薬を購入するという方法です。

詳細は別項にて解説をしますが、通販を利用した際には医療機関での治療を行う際に用いる医薬品と同じ、もしくは同等の効果がある治療薬を一切医師による診察を受けることなく、更に少ない出費で購入できます。

注意点として、何をどれくらい服用するのか、といった使用上の注意を自分で調べた上で服用する必要があるため、通販を利用する場合は情報収集を忘れず行い、その上で購入と使用を開始するようにしましょう。

デュタス(ザガーロジェネリック)がオススメ

通販を利用したAGA治療薬の購入は非常にオススメのAGA改善方法と言えますが、この方法で治療を進める際にオススメの治療薬があります。

それはザガーロを基に作られたデュタスというジェネリックのAGA治療薬です。

デュタスは一般的な医薬品とは違い、新薬として開発されたのではなく既存の医薬品を模倣して作られた製品です。製造開始から販売までに必要となる金銭的・時間的コストが少なく、販売時には基となったものよりも安価に購入ができます。

そしてデュタスの基となったザガーロは非常に優れたAGA治療効果がある製品のため、使用時には優れたAGA改善効果を実感できます。

このような理由があるため、AGA治療の際にはデュタスを使用するのが非常にオススメだといえます。

まとめ

AGAを発症し、治療を行いたいと感じた時には2つの治療方法があります。まず1つ目はAGAクリニックや薄毛外来など、専門的な医療機関の受診です。

これらの場所を利用した場合、医師による診察を受けた後に治療薬を処方してもらえるため、確実に安全な治療可能となります。しかし治療の際に必要となる費用が非常に高いため、長期的に使用すればするほどに負担が高くなっています。

次に通販を利用した購入です。通販を利用した場合、医療機関を受診する必要が無いため金銭的な負担が少なくなります。

そして更にジェネリックであるデュタスなどを購入する事も可能となるため、より少ない負担で優れた治療効果のある治療薬を購入し、治療が行えるというメリットがあります。