title

AGA(男性型脱毛症)の治療方法についてご説明します

AGA(男性型脱毛症)の治療方法

ザガーロやアボダート、そしてこれらを基に作られたジェネリックのデュタスは「AGA(男性型脱毛症)」の治療効果が非常に高い製品です。AGAは一度発症すると本人も気がつかないうちに症状が進行していき、発症を自覚した頃には非常に重度の脱毛症を発症した時のような状態になってしまっている、そんな症状です。

このAGAという症状がどういった理由によって発症するのか?そしてどう治療を行えば良いのか?といったことをここでは紹介していきます。

AGA(男性型脱毛症とは)

まずAGA(男性型脱毛症)の簡単な発症原因について説明をします。

このAGAという症状は、男性の体内で多く分泌される男性ホルモンが原因となって発症する脱毛症です。男性ホルモンには幾つもの種類の物質が存在していますが、その物質の中には強力すぎる程に身体に強い影響を与えるものが存在しています。

その強すぎる程に影響を与える男性ホルモンが体内で増加してしまうと、毛根に対してダメージを与えていき、その結果髪の成長が妨げられて髪が抜ける、成長が止まるといったAGAの症状が発生するようになるのです。以上のようなメカニズムでAGAは発症し、症状が進行していきます。

次にどのようにして治療を行っていくのかを紹介します。

治療方法

AGAの治療方法には多くの方法が存在していますが、その中でも特に行う人の多い治療方法として、植毛と薬物療法があります。初めに植毛ですが、これは読んで字のごとく毛を植えることによって髪を復活させるという方法です。

植毛に使用する毛は自毛と人口毛の2つがあり、自毛植毛と呼ばれる植毛法の場合、自分の後頭部や側頭部などのAGAが進行していない部位にある髪を毛根ごと患部に移植します。

人工毛を利用した植毛の場合、ビニールやナイロンといった髪に近い質感と弾力がある人工の毛髪を毛穴などに埋め込んでいき、髪が生えている状態を作り出します。

どちらの方法にもメリットとデメリットが存在していますが、一般的には自分の身体にあるものをそのまま使用する自毛植毛のほうが高い安全性のある治療方法だと言われています。

治療薬での治療

次に紹介するのは治療薬を用いた治療、薬物療法です。この治療方法はAGA治療薬と呼ばれる医薬品を用いたAGAの改善方法です。

AGA治療薬には複数の製品が存在していますが、使用効果としてはAGAの原因となる男性ホルモンが生成されるのを予防する、もしくはAGAで成長が止まった髪を再び成長させるといった2つのものになります。

治療薬を使用したAGA治療を行う場合、発症から治療を開始するまでの時間が早ければそれだけ治療にかかる期間、そして金銭的な負担も減少します。

そして症状が重症化してしまった場合、AGA治療薬を使用したとしても思ったような発毛効果が得られない場合もあります。

したがって、治療薬を用いたAGA治療は可能な限り早期に行うのが良いと言われています。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬

AGAの治療に使用するAGA治療薬には多くのものがあり、含有成分なども製品によって異なっています。そして成分が変われば使用効果や治療が可能な症状といったものにも差が生まれます。ここではAGA治療薬の中でも有名な物を3種類紹介します。

治療薬を使用する際、どういったものを使用して治療をするべきなのか、そしてそもそも治療薬にどういったものがあるのかを知りたい人は要チェックです。

ザガーロ

初めに紹介するのはザガーロです。ザガーロはAGA治療薬の中でも最も新しい製品で、有効成分として「デュタステリド」が配合されています。

ザガーロの特徴として、他のAGA治療薬では治療できないAGAの症状が改善できるという特徴、そして既存の治療に用いる成分よりも優れた治療効果があるという特徴があります。

そのため、今ザガーロは使用者数が急増しており、非常に人気の高いAGA治療薬となっています。ザガーロにはジェネリックとしてデュタスという製品が存在しており、こちらの製品はザガーロと同等の効果をより低価格に体感できるようになっています。

したがって、より良いAGAの改善効果を安く手に入れたいという時には、ザガーロのジェネリックであるデュタスの使用が推奨できます。

プロペシア

次に紹介するのはプロペシアです。プロペシアは有効成分として「フィナステリド」を配合したAGA治療薬で、AGAの原因となる酵素の活動を阻害する働きがあります。

フィナステリドは2001年にAGA治療薬として認可が降りた製品で、非常に多くの人が愛用しているAGA治療薬です。

使用時の効果は非常に優れたものであり、しっかりとしたAGAの改善効果が期待できます。

しかしフィナステリドの難点として、AGAの発生原因によっては治療が行えない場合もあります。

今もしAGA治療薬としてフィナステリドの使用を検討するのであれば、デュタステリドを使用したザガーロやデュタスの使用も一度検討してみると良いでしょう

ミノキシジル

最後にミノキシジルです。

ミノキシジルはザガーロやプロペシアとは作用の仕方が少々異なるAGA治療薬で、このミノキシジルは毛根に対して直接働きかけ、髪の成長を促進するような作用があります。

したがって、ミノキシジルはAGA治療薬の中でもザガーロやプロペシアとはまた違った治療効果が得られるようになっています。

有効成分にミノキシジルを配合した製品には患部に対して直接塗布する外用薬、そして内服薬があります。

内服薬は副作用が非常に強い反面効果が高く、外用薬は副作用が少ない反面効果が内服薬ほど高くないということから、使用目的に応じた使い分けが可能となっているという特徴もあります。

まとめ

AGAの治療に用いる医薬品は多数存在しており、製品ごとに異なる特徴を有しています。

ミノキシジルを使用した製品であれば外用薬と内服薬を使い分けることができますし、ザガーロであればプロペシアで対処ができないAGAに対しても対処が可能である、というような特徴があります。

もしこれからどういったものを使用してみようかと迷っているのであれば、まずは一度ザガーロもしくはデュタスなどザガーロ・ジェネリックを使用してみると良いでしょう。

体質などによって使用できる製品というのは異なっていますが、ザガーロやデュタスなどの「デュタステリド」を有効成分として使用したAGA治療薬は非常に優れたAGA改善効果がある製品です。

そのため、何を使用するのか迷った時にはまずは最も強い治療効果がある物から試していくのが良いでしょう。